FC2ブログ
日暮硯. メモ帳です.
インシャー☆アッラー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【海門】日本の夏【ハードロック】
メッキリ寒くなりましたが今年の夏は暑かった。
HDDが2回も飛ぶほどに…orz

冷房は人のためにあるのではない。PCのためにあるのだ。


これを再確認した、
そんなひと夏の儚い思い出でした。

ということで、
HDDが飛ぶのと同時で起きたSeagateのHDDロック事件!のメモ。
〆切前に不具合+サルベージ中にロックでホント心が折れそうってか、バキボキってか…。


ロック解除の方法はここに完璧なほどにのってます↓
http://www19.atwiki.jp/seagatehack/

少し注意がいりそうなのは電源入れながら基盤を接触させるとこかな。
何らかの治具があった方がいいかも。
写真は…綿棒の芯でした。

TS3P0159.jpg

TS3P0166.jpg

↑綿棒の芯で作ったガイド↓

TS3P0174.jpg

TS3P0162.jpg


まあロックは無事解除できたけど、HDDが壊れたのはどうにもならなかったんだけどね。
とことで!
スポンサーサイト
T.sonic MP650のファームアップデート

T.sonic MP650のファームウェアがアップデートされてたw

今、持ってるver.1.64からはマイナーチェンジみたいです。
firmwareのupdateするとファイル全部消えちゃうんだよな~。

ちとめんどい。

なので、予備機の方で試してみました。同じの2個もってるんですよね。これ。

印象としては、さらにキビキビしてきたような…。
と思ったけど、そんな変わらないか。
とはいえ、初期の頃から比べると格段にキビキビしてます。

この、ハードは長期間据え置きでファーム対応で製品を良くしていくというのは

・生産ラインの変更によるコストがかからない
・製品の問題点を存分に洗い出した後に修正できる
・初期に買ったユーザもその恩恵を受けられる

という点で良いと思います。
いい感じに枯れてきて。

商売的にはどうなんでしょう。
初期コストの回収されて利率が上がってくるけど、
売上は…。
初期のユーザが新しいの買わないから下がってくるのかな?
それとも、品質が向上する分でサチってくるのかな?
気になるところです。

あのケータイとか、あのケータイとか、もっとファームをアップデートしてほしかったなぁ。
ケータイは開発サイクルが早すぎるよ…。
悲しいけど、これ戦争なのよね。

↓ファームアップデートのマニュアル
http://www.transcend.co.jp/products/mp_updatetool_jp.asp
Excelで一行毎に削除する方法
modとフィルタリングを上手く使えばようのね。

メモメモ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114551556
うどんアウトライン
素晴らしいコピペを見つけた!
メモメモ。


生うどん →だしで煮込む ───→      打ち込みうどん
 ││└→揚げる     ───→      うどんかりんとう
 ↓└─→茹でる──┬お湯→つけだし   釜揚げ
 乾燥     |      └→卵            釜玉
         ↓
 冷凍 ← 締める──┬→しょうゆ       しょうゆうどん
        │     ├→つけだし(別)    ざるうどん
        │     ├→つけだし(かける) ぶっかけうどん
        │     ├→かけだし(冷)   ひやかけ
        │     └→かけだし(温)   ひやあつ
        │
        ├氷水──→つけだし      冷やしうどん
        │
        ├ゆがく‐┬→かけだし(温)   かけ(あつあつ)
        │     ├→カレー       カレーうどん
        │     └→しっぽく汁      しっぽくうどん
        │
        ├お湯──→つけだし      湯だめうどん
        │
        ├炒める─→ソースor醤油    焼きうどん
        │
        └だしで煮込む──→      鍋焼きうどん
USB経由で感染するautorun.infウィルス
これかなり流行ってるみたいですね。
亜種も色々あるようで。
犠牲者から報告がありました。

これを喰らうと、
今のところ、市販のウィルスソフトだと、削除→再発見→削除→…
というループに陥ってしまうようで。

完全に削除するにはココみたいに手作業が必要みたいです。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/05/usbautoruninfmm.html

ここだとコマンドプロンプトから作業してますが、
CDブートのLinuxでもあっさりできるかな~と思ってubuntuで試してみました。
作業は下記の通り。

[STEP1] autorun.infのファイル名をautorun.txtに変更する。

CDブートのubuntuでHDDの中をのぞいてみると、
autorun.infというファイルが見つかると思います。
このファイルは各ドライブ,USBメモリ,SDカードなどのストレージ内に潜んでいます。

どれでもいいので、その内の一つを

autorun.inf → autorun.txt

とファイル名を変更して下さい。


[STEP2] 本体その1を見つける。


autorun.txtを開くとこんな感じになってると思います↓

open=○△□.exe
shell\open\Command=○△□.exe

この○△□.exeが本体その1です。

この本体その1はautorun.infとセットになって各ドライブ,USBメモリ,SDカードなどのストレージ内に潜んでいます。
全て削除して下さい。
(USBメモリなどの場合はアンマウントする際にごみ箱の中身を全て消去するを選択して下さい)


[STEP3]本体その2を見つける。

本体その2は一匹だけです。

本体その2の場所と名前は、
Symantechなどのウィルスソフトを使えば、
どこにあって、なんてファイル名かを見つけてくれます。

それを削除して下さい。

本体その2はだいたいこの辺りにあるようです↓
C:\Windows\system32
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temp

ファイル名はこの辺りかと↓
hbs.exe
desktop.exe
desktop2.exe
folder.exe
awqlpyrd.com
i2p.bat
l1lyxiy1.exe
mxuclt.exe
o6hfog.com
o6mhfog.com
p3th8wb.cmd
q83iwmgf.bat
spxgfwg.bat
swfu.exe
t2yev.com, t2yev.exe
uvg.com
wm93r0.com, wm93r0.exe
wuauserv.exe
wvusvigl.bat
xhlhmbw.exe
yfog8p.exe
8e9gmih.bat
3m2.exe
4tddfwq0.dll
ierdfgh.exe
pytdfse0.dll
pytdfse1.dll


ってな感じでだいたい復旧できるかと思います。
system32にあった場合はレジストリを修正する必要があるかと思いますが、
さっきのここを参考にしてみて下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。