日暮硯. メモ帳です.
インシャー☆アッラー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Vine Linux] USB-Serial変換ケーブルのドライバ
USB-Serial変換ケーブルをLinuxで使ってみる。

結論:秋月のケーブルはデフォルトのドライバで認識する。

最初ElecomのUC-SGTを使おうとしてたけど,
Vine 3.1 kernel2.4.xのデフォルトのドライバだとPRODUCT_IDが古いので書き換えが必要なので少し手間がかかる。

まぁ値段も秋月の方が安いので,おとなしく秋月の方を使うことに。

以下,Elecomのモノを使おうとした記録↓
【STEP0】
/* USB-deviceのチェック */
  - cat /proc/bus/usb/devices
    T: Bus=03 Lev=01 Prnt=01 Port=01 Cnt=01 Dev#= 5 Spd=12 MxCh= 0
    D: Ver= 1.10 Cls=00(>ifc ) Sub=00 Prot=00 MxPS=64 #Cfgs= 1
   →P: Vendor=056e ProdID=5004 Rev= 3.00
    S: Manufacturer=Prolific Technology Inc.
   →S: Product=USB-Serial Controller
    C:* #Ifs= 1 Cfg#= 1 Atr=a0 MxPwr=500mA
    I: If#= 0 Alt= 0 #EPs= 3 Cls=ff(vend.) Sub=00 Prot=00 Driver=(none)
    E: Ad=81(I) Atr=03(Int.) MxPS= 10 Ivl=1ms
    E: Ad=02(O) Atr=02(Bulk) MxPS= 64 Ivl=0ms
    E: Ad=83(I) Atr=02(Bulk) MxPS= 64 Ivl=0ms

    ※ELECOM(Vendor=056e)のUC-SGTはProdIDが5003(kernel内のドライバ)から5004(製品)に更新されているので修正する必要がある

【STEP1】
/* カーネルのソースを入手 */
  - # apt-get install kernel-source

【STEP2】
/* pl2303.hを修正 */
  /usr/src/linux-2.4.33/drivers/usb/serial/pl2303.h

    #define ELCOM_VENDOR_ID 0x056e <-- ここに注目
    #define ELCOM_PRODUCT_ID 0x5003 --> 0x5004 に書き換え

【STEP3】
/* コンパイル */
  gcc -D__KERNEL__ -DMODULE -Wall -c -I/usr/src/linux-2.4.33/include /usr/src/linux-2.4.33/drivers/usb/serial/pl2303.c

  ※pl2303.oが/rootに作成される

【STEP4】
/* */
  1.オリジナルのモジュール削除?
  rmmod pl2303
  2.コンパイルしたモジュールを追加
  insmod pl2303.o
  3.以下の所にモジュールをコピー
/lib/modules/lib/moduleslinux-2.4.33/kernel/drivers/usb/serial/pl2303.o
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。